○○と脱毛の関係

こんにちは

 

キングスサロンです。

 

高齢化が進んでいる日本。内閣府によれば、「国民の約2.5人に1人が、65歳以上の高齢者となる社会が到来する。」と推計されています。

昨今、自身の介護を見据えて、アンダーヘアの脱毛をする中高年の方が増えているそうです。

「介護脱毛」は、親などの介護を経験し、清拭の際にムダ毛があることで大変な思いをしたことから、「自身が介護を受けるときは、第三者に迷惑を掛けたくない。」という思いやりから生まれたブームでもあります。

また、
脱毛する事により、感染症や皮膚トラブルのリスクが軽減され、オムツ交換の際の臭いが軽減されたり、清拭が楽になります。介護する側や介護される側、双方にメリットが大きいことから、需要は高まっているようです。

また、介護脱毛をするなら白髪が生えていない若いうちがおすすめです。

V・I・Oは頭部の次に白髪が生えやすいと言われている部位です。

白髪ですと、脱毛の効果が半減すると言われています。簡単に言うと、お金をかけて脱毛しても、毛がなくなりづらくなるということ。

ムダ毛は、黒いうちに処理してしまいましょう!

また、脱毛した方がいいのは分かっていても

金銭的な理由や
やってもらうのは恥ずかしいと言う方も
多いかと思います。

セルフ脱毛のキングスサロンなら全て解決

全てご自身で行って頂けるサロンなので

部分脱毛 20分 ¥3500
全身脱毛 50分 ¥7000

と低価格でお手入れできます。

国籍の多様化によって、
VIO脱毛はマナーという考えは徐々に一般的になりました。

それから、老後や介護のことを考えた「介護脱毛」という言葉も徐々に広がり、

40代以上の女性がVIOを脱毛することへの抵抗は10代20代の女性に比べて大きいかもしれませんが、

皆さんも「マナーとしての介護脱毛」を考えてみてはいかがでしょうか?

時代の変化に沿った

今までにない新しいスタイルの

セルフ脱毛サロン キングスサロン👑

皆様のご来店お待ちしております。